後遺障害の認定とは

人身事故で病院に搬送された段階は、急性期症状と言い治癒が可能なものを処置していく状態の時期を指します。この状態は、短期間の事もあれば、しばらく時間を要することもあり、被害者が受けた状態にもよるのです。

後遺症は、急性期症状の後に残った機能障害や神経症状などの症状が認められる状態を言います。後遺障害は、交通事故によって受傷した精神的障害や肉体的傷害が、症状固定後治る見込みのない状態となり、交通事故との因果関係が認められ、且つ医学的に証明できるものを言うのです。当然、労働能力の喪失や低下などの滅失利益も後遺障害の結果起こりうるものだと思います。後遺障害は、認定を受けなければならないのですが、被害者によって異なる症状や障害に対し、金銭をもって償う分けですから、何らかの基準が必要になるのです。そのため、国が定めた自動車損害賠償保障法に基づいて、1級から14級までに等級区分を設け、該当する症例に当てはめて等級判断を行うようになりました。そして、これだけでは不十分と思われる症例に対し、介護を要するものに関し、2種類の段階を設けています。

分り易く言えば後遺症の内、治癒することができないと考えられる症状に対し、その重度に段階を設け、滅失利益や後遺障害慰謝料を書面をもって認定する制度です。細部認定基準として、部位別後遺障害等級認定があり、併合や準用それに加重といった考え方で、後遺障害慰謝料が決定されることになります。

参照ページ【http://assist.ko2jiko.com/